読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aoi’s blog

双極性障害II型の近況メモになりつつある

焼酎

金曜日、鹿児島でも雪が降りました。
南国のひとたちなので散らつく雪に興奮していました。

鹿児島、本格焼酎の鑑評会に行きました。
ちょっと今年のが見つからなかったので、去年のリンクを貼ってみます。
平成27酒造年度鹿児島県本格焼酎鑑評会表彰式


わたし一応農学部醸造やらを勉強しておりまして、鹿児島らしい専門講義をいくつか受けさせていただきました。
鹿児島といえば…
薩摩焼酎です。焼酎について勉強しました。ちなみに研究室では焼酎麹菌を扱ってます。


薩摩焼酎とは?
鹿児島で作られた本格焼酎に冠することができる名称です。ボルドーやスコッチといった(聞いたことあるでしょ)世界のお酒のように、WTO世界貿易機構によって地理的表示が認められています。ブランドみたいなものです。日本の焼酎は他に、熊本の球磨焼酎麦焼酎発祥の焼酎である長崎の壱岐焼酎が地理的表示のブランドを持っています。
この場所で作ったお酒!の品質を守るためには重要なのです。

そして薩摩焼酎といえば、芋焼酎。鹿児島は桜島のシラスに覆われた土地…昔からお米を作るのには向いていない土地でした。日本酒(清酒)作ろう!としてもお米は足りません。藩がお米はお酒作りに使わないでって言うくらいです。ちなみに人吉の球磨焼酎はお米が余るほどあったから発展したという話もあります。さつまいもなら鹿児島でもたくさん育てることができ、焼酎の原料になりました。

また、鹿児島で清酒よりも焼酎が飲まれているのも土地と風土が関係しています。昔からお酒作りは行われていましたが、清酒はどうしても美味しく作れない。鹿児島は南国、もろみの温度管理がとても難しかったのです。暑いといろんな微生物も混入しやすく、腐造が起こることもしばしば。お酒のもろみをそのまま絞って飲む、醸造酒の清酒はもろみが大事です。実際昔の文献によると、鹿児島で作られた清酒は美味しくなかったそうです。
一方焼酎はというと蒸留酒、もろみを蒸留させ、ほぼアルコールのみを取り出します。もろみの管理は清酒ほど難しくはありません。極論、蒸留しちゃうし…。焼酎を作る蔵がたくさんできました。
清酒を作る蔵はほぼ無くなっていました。

(ちなみに現在、濱田酒造さんの金山蔵では正宗という日本酒が作られています)
www.hamadasyuzou.co.jp




鑑評会では芋焼酎以外にも、米、黒糖、麦焼酎がありました。芋がメジャーですが。黒糖焼酎奄美群島でしか作ることができない焼酎なのでレアだと思ってます。

香りしか利いてないわたしの感想ですが、芋焼酎は芋らしい香りのものだけではありません。わりと美味しい焼酎の味が決まってきて、画一化されつつあるという話も聞きましたが、甘酒のような麹の香り、おかきのような香ばしい香り、だしのような香り、温泉のような香り、カラメル、せっけん様など銘柄で結構違ったりします。知覧醸造さんの知覧武家屋敷はぶどうのような香りがしました。芋はかなり多彩だと思います。

黒糖焼酎はわたしが苦手なのもありますが、焦げ、カラメル、ラム酒のような匂い。あと、草のような香りも特徴の1つです。たたみみたいな香りもします。

米焼酎はわかりやすい。日本酒に近いです。日本酒よりもすっきりした果物の香り、といったイメージでしょうか。ひとつ歯磨き粉!って思ったものがありました…笑。

麦焼酎はおそらくもっともクセが少ないでしょう。ウィスキーっぽいと感じるものもありますが、他の焼酎より香りが優しいと思いました。果物の香りもしましたが、ムギパフの香りが印象に残ってます。


そして今回1番になったのは芋焼酎 野海棠
www.imoshochu.com

だそうです。

(同じ銘柄でも造り手とかで香りと味と微妙に違ったりするみたいですが見てみてください)

焼酎は苦手な人もいるかと思いますが、いろんな違いとかを利いてみるのは楽しいと思います。香りから言葉を出してきて、表現するのは難しいけれど、人とわかり合うととても嬉しい。

暗くなった帰り道にとても懐かしくて寂しい気持ちになって
いろんなことを思い出したとしても
家に着いてごはんを食べてたらそんなことはまるごと
忘れてしまうのだ。

働くとは

shigoto100.com
就活はあと一年猶予があるけど、無駄に不安になるのでいろいろネットサーフィンしてたら面白そうなの見つけた。
前向きさに折れそうだけど、こういうのって強いよな。いまどきずっと同じ会社で働くって考えは良くなさそう。選択肢はいつでも多いほうがいい。そのぶん、たくさん悩むけれど、選べることは幸せなことだろう。
わたしは将来なにして働きたいんでしょう。

雲一つない冬の空に、飛行機が雲を描く。それはあまりにも綺麗で、世界が終わる瞬間を見ているような気がした。

毎日星が降ってくる世界で、彼女はその軌跡を見ることが好きだった。透き通るような水色の空に、白くて細い線が緩やかなカーブを描く。誰かが大きなキャンバスに描いているみたいでしょうと彼女は言う。みんなはこの空に慣れすぎていて、何も思わない。星はここではないどこかに毎日降り注いでいる。ここではないどこかに。

今日もあの白い雲を見ることができました。今日も何もなく、いつも通りすごせました。明日も同じように、一日が始まりますように。

ここではないどこかに降る星のことを、僕たちは知らない。彼女はここではないどこかを犠牲にして、あの綺麗な白い雲に願い事をする。

いつか一日が終わる。

People In The Boxについて 2

Sky Mouth

Sky Mouth

ぴよぴよ。
シングルとしてリリースされ、リード曲の天使の胃袋はラジオとかいろんなとこでパワープッシュされてました。
シングルだけど、個人的にこの作品が境目だったと思ってます。ghost appleから、次のフルアルバムfamily recordに繋がる作品。はじめて聴いたとき、一曲目から三曲目を通して、明らかな変化を感じました。作品の中で変化している。ghost appleもとても好きな作品だったけど、このsky mouthの次に作られる作品はさらに面白いものになる、そんな予告をされたような感じ。

そして次の真っ白なフルアルバム

Family Record

Family Record

これは言わなくてもわかるくらいの名盤です。Peopleの中で好きなアルバムはって聞かれたら、まずこれをあげるし、ふつうに好きなアルバム聞かれてもこれをあげます。sky mouthで感じた変化と期待の通り、People In The Boxというバンドを決定づけるアルバム。様々な国と都市の名前のついた曲がすっごく愛おしくなるくらい聴きまくりました。これもアルバムごと聴いてほしい。

youtu.be


とりあえず、いちばん誰かに話したかった、ghost apple → sky mouth → family recordで感じた変化とPeople In The Boxらしさを書いたのでこれでアルバムおすすめは終わろう…。
これ以降の作品ももちろん好きですが、この時の衝撃(たぶん若かったから)を超えたことはないので。
東日本大震災後にリリースされたcitizen soulの強いメッセージ性とか、1枚まるまる一曲の作品とか、語ろうとするとかなりありますが…またの機会に。

People In The Boxについて 1

わたしがPeopleを聴き始めたのはたしか14歳くらいのころ。9mmからロックバンドにハマり、毎日スクールオブロックを聴きながら机に向かって勉強は頭に入らず、なかなか夜は眠れなかった時期。
YouTubeで9mmのライブ映像を観ていたら、同じレーベル(残響レコード)のバンドとしておすすめ動画に出てきたのが最初です。
youtu.be

かっこいいなー聴いてみよーって思ってTSUTAYAに行くも置いてない。田舎だしな。
どんどん聴いていたら、昔の曲もかっこよくてハマる。
youtu.be

そして一気にアルバムを買ってしまった…。

rabbit hole

rabbit hole

メンバーがジャケットにいる、唯一のアルバム。初めてって感じがする。滑舌悪いのが好き。

frog queen

frog queen

frogじゃなくてきりんという。ここからアルバムのアートワークが大好きになりました。Peopleらしさを感じ始めます。水面上のアリスが好きです。バースデイの字余り感が気持ち悪くて印象深かったのも衝撃。

Bird Hotel

Bird Hotel

真っ青なアルバム。完璧な庭は聴きやすくてみんな好きだと思う。個人的名曲はレントゲン。ヨーロッパという曲があるので、言いづらいけれど、Peopleは北欧とかの雰囲気が似合うと思ってます。

Ghost Apple

Ghost Apple

祝!メジャーデビュー!
真っ赤なアルバム。ほんとに林檎のよう。ここで発売日を待って、わたしは追いつきました。月曜日から始まり日曜日で終わるコンセプトを持ったアルバム。アルバムをまるまる聴き通すことの楽しさを知りました。Peopleを聴いてもらってこの曲は良かったって言われる率の高い水曜日。でも全部通して聴いてもらいたい。日曜日はサンクトペテルブルクの浴室にいるのでやはりヨーロッパを感じる(東だけど)。メジャーデビューしても、ゴーイングマイウェイといった感じだったので、ずっと聴き続けよう…となんとなく思ってました。
youtu.be
気味悪さ。MVはそれとして、Peopleの楽曲は一曲一曲が絵本のように、物語と絵画で構成されているような感覚があります。

ghost appleでPeopleらしさが確かなものとして確立されたのではと感じています。
そしてこのままで止まりません。People In The Boxは変化します。
次のシングル sky mouth (たまご) に続く。