読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aoi’s blog

双極性障害II型の近況メモになりつつある

お酒の楽しみ方

ワインは楽しい!

ワインは楽しい!

  • 作者: オフェリー・ネマン,ヤニス・ヴァルツィコス,河清美
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2015/12/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

このまえ買った本。何週間か前に買うのを迷ったことを、買った後に思い出しました。

お酒について興味はあるけれど、ワインは専門外。でもバイト先でお客さんにワインを出すとき、自分がお店で選ぶとき、何にもわからないことがもどかしくって、ざっくりとでいいから勉強できないかなーと探していました。

ワインの本はたくさんあるけれど、これまで手に取ってみた本はだいたい、ブドウの品種、産地による味や香りの違いをいろいろ書いていました。もちろんワインを選ぶにはこの情報が重要なのでしょうけど、個人的にはもっと基本的なこととか、醸造のことなんかも知りたくて…。

この「ワインの教科書」は章ごとに、ワインの楽しみ方、テイスティング、ぶどうと醸造法、産地、ソムリエ、セレクトを知ることができます。これがあればよっぽど専門知識を必要としていない限りは十分ではないでしょうか。イラストも可愛くておしゃれ。
蘊蓄を書き連ねるんじゃなくて、ワインパーティーをはじめよう!という入りなのがすっごくいい。実際、知識は語るためなんかじゃなくて、より良いものを見つけたり、味わったり、楽しむためにあると思いますよ。(語りたがりになりがちなので気を付けようと思っています)

ちょっと偉そうに書いてるけどわたしはワインの知識全然ないので、この本を機にこれから少しずつ勉強したいと思います。でもワインって飲まなきゃわかんないよね。お金かかるね。いつになることやら。


考えていたんだけれど、日本酒とか焼酎とかもこの本みたいに、ポップにまとめられないのかしら…。