ネフローゼ症候群と双極性障害II型の近況メモ

23歳ネフローゼ歴13年 10代から心が安定しない

通院 2

今日の処方箋

ミルナシプラン→倍量

ほかはそのまま

ベルソムラは無くなりました

 

良くなってきたっぽいから早く気分安定剤使おうよ先生

という気分で行きましたが

まだうつ状態らしい

もっと元気にならないとということで 抗うつ薬がすこし増えました

「ひとりで大丈夫?」と言われたし この焦りも病気なのかもしれない

もしかしたら躁転したりして もしかしたら死ぬかもしれないというこわさはあります

 

正直めちゃくちゃ体は重だるいし ふらふらする

あと 中学〜高校のときの症状 景色が良く見えてないように感じるのです  いま本を集中して読めないのだけど 見ていても視線が勝手に泳ぐというか ふわふわして気持ちが悪い そんな感じ

 

わたし小学生の時からネフローゼ症候群ですが そのネフローゼ症候群ではタンパク尿がでて 血中タンパク濃度が下がると 全身倦怠感がでる と言われています

ただわたし 普通なら倒れてもおかしくない という数値を切っても 動けないほどだるいとは感じたことはありませんでした

 

でもわたしはうつ状態だと動けなくなります

うつ状態のだるさは ネフローゼ症候群の症状のだるさを軽く超えてると思います

形容しがたいくらいだめになる感じがします

体全体に重りがつけられてて ビニール袋に入れられてるようです

 

心の風邪とか言われるけど 風邪じゃないよなあ

 

まあわたしうつ病ではないけど

 

社会に出る前に安定しておきたい

というか身体精神両面において病気を持ってるので 将来を悲観しないことはないよね

 

逆に特性二個持ち 難病持ち って優遇してもらえないかな 笑